無効にならないために

棺に供えられる花束

遺言作成は慎重に行う必要がある

雑誌でテレビで特集が組まれたりしており、遺言作成には注目が集まっています。遺産をある人にあげたい、相続問題が行らないようにしたいなど理由はいろいろです。ですが、遺言があれば、遺産問題はスムーズに解決されるので、これはとてもいいことです。 ただ、遺言作成は気軽に行って良いものではありません。遺言は、内容によっては遺族に大きな影響を及ぼすことになります。そのため、遺言作成方法は厳密に定められています。少し間違えるだけでも無効になったりします。修正する際も厳密に方法が決められています。間違えた方法で書き直したがために、無効になることもあります。 無効の遺言書でも、内容は故人の遺志で書かれたものです。しかし、無効になったのも事実です。となれば、遺産問題はさらにややこしくなってしまうでしょう。遺言作成は厳密に行わなければなりません。

プロに任せてみましょう

遺言作成に不安を感じているのであれば、プロに任せてみましょう。遺言作成のプロは行政書士が該当します。 依頼を相談した後、下準備に入ってくれます。遺言書を作成する前の下準備というのは、相続人の調査です。特定の相続人に遺産を渡すとなれば、やはり問題になります。誰が該当するのかをはっきりさせてくれるので、バランスの良い相続が可能になります。 また、相続財産の調査も行われます。遺言書に書き漏れてしまう財産がなくなるので、相続問題が起こるリスクが減ります。もちろん、遺言作成もしっかりサポートしてくれます。 当然ですが、依頼料は発生します。ですが、自分でする手間、無効になることがないという安心感を考えれば高いものではありません。遺言作成を検討している方は、行政書士を頼ってみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加